Menu

学校の選び方

女性

学べる学問は違う

いまや通信技術は世の中になくてはならない技術となりました。ですから、将来IT関連の職業に就きたい人は多いです。この流れを受けて通信技術を学べる専門学校は増加傾向にあり、全国の主要都市に設置されています。通信技術は、ネットワーク技術とコンピューター内の技術に大別できます。ネットワーク技術は情報を圧縮する技術や暗号化技術、インターネット通信によるネットワーク技術などで、コンピューター内の技術は通信関連のソフトウェアとハードウェアの技術などです。専門学校では、まず数学や物理、化学など高校の勉強を延長したようなカリキュラムから始まり、続いてプログラミングや電気回路、通信技術の基礎を習います。基礎を習得したら応用分野のネットワークシステムやコンピュータシステム、セキュリティーシステムなどの習得です。通信系の専門学校は、学校によって様々なコースを設けています。例えば情報総合学科や情報システム科、情報セキュリティ学科などです。多くの専門学校は3年制で、3年次に目指す職業によってコースを選択する学校もあります。始めから目指す職業が明確でない人は、後でコースの選択ができるというのは大きなメリットです。それから、学校によって学べる学問は異なります。例えば情報技術者を目指す場合は経済学は必須学問ではありませんが、いずれ商品企画や開発に携わりたいと考えている人は経済学が学べる専門学校を選ぶ必要があります。ですから、専門学校を選ぶ際には目指す職業をある程度決めておいたほうが安心です。